世界が音楽で会話する

自分の思い通りに音楽を表現できると爽快です。

その音楽に共感してくれる仲間がいるともっと嬉しい。

その人たちとコラボできるともっともっと楽しい。

eMottoは「喜怒哀楽をもっと音で」仲間と共有できるような世界を創ります。

世の中の約8割の人は楽器を演奏したいと思っていますが、それが日常的にできている人はたったの1割程度です。残りの7割の人は「上達しない」ことが主原因で思い通りに音楽を表現できる楽しみを味わう前にやめてしまっています。

さらに、楽器経験者であっても、(プロなどでない限り)満足できる頻度で日常的に演奏できる環境にある人は稀です。たとえば、学生時代は吹奏楽を楽しんでいた人も、卒業後に趣味で音楽を続けることができているという人のほうが少数派です。置き場所に困る・高価・消音できないなどの理由で楽器を買うのを躊躇したり、楽器を持っていても好きな時間に演奏できなかったり、昔のように一緒に音楽を奏でる仲間がいない人など、気軽に演奏したくてもできない経験者も多くいます。